春風駘蕩フラフラ日記14

|
くまで.jpg


 某月某日 本日は晴天なり

variousのコーナーで前に紹介した神楽坂の茶館
「パレアナ」で「わたしのくまで展」というのに
誘われた。
 そろそろ、おとり様の季節か。
 それにしてもちかごろ相撲が騒がしい。ボクは
相撲も好きで年1,2回は土俵際の砂かぶりの席で観
戦する。特に初場所は正月気分満点で向島辺りの
芸者衆が黒紋付に稲穂挿し姿で桟敷席に陣取る。
 おめでたいのだ。

 勝負、もちろんだけど、こういう絵姿が見事で、
スペインの闘牛もそうだけど、まず様式美に強く
惹かれる。悪いかもしれないが動物愛護も八百長
も「それを言っちゃおしまいよ。」的なところが
ある。余裕がないんだね、近頃の世の中は。

 というわけで、横綱くまでを作ってみた。朝青
龍、白鵬の両横綱は昔さんざん遊んだ紙相撲仕様
にしてみた。形の記憶を確かめようとネットで紙
相撲を調べて驚いた。ボクらが遊んだ、足がたこ
の足みたいに広がったスタイルの安定感のある紙
相撲はいくら探しても見つからなかった。これこ
そ紙相撲なんだけどな。

 
「私のくまで 2008年10月21日(火)~11月2日
(日) 12:00-19:00 ※月曜休み茶館 パレアナ(東京
都新宿区白銀町1-2)