古川タク: 2008年7月アーカイブ


アーサ−1.jpg


 アーサー・ビナードさんは米国ミシガン州生まれの詩人、
1990年に来日。詩集「釣り上げては」(思潮社)で中原中
也賞、「日本語ぽこりぽこり」(小学館)で講談社エッセ
イ賞。絵本も「くうきのかお」(福音館書店)など。


アーサ−2.jpg



 ほとんど全ページにボクがデッサンをいれた。とっても
面白い仕事だった。やっと本が完成し、今週あたりから書
店に並びます。シャリンと品格のある素敵な日本語で書か
れた詩集で、コラボレーションの片割れが言うのもなんで
すが、ぜひご一読ください。装丁、題字もボクです。

春風駘蕩フラフラ日記4

|











某月某日、本日は晴天なり、

 「ヒトコマ漫画の旅」展で富山県の泊に居た。
無事、開会のセレモニーも終わって、近くの小川
温泉に宿をとった。徒歩7分のところに町営の洞
窟温泉があると聞いて、浴衣がけでまだ明るい7
時頃、いそいそと向かった。「わーい!洞窟温泉

ホテルのフロントで、そろそろ虻が昨日あたりか
ら発生してるので、要注意とうちわを渡された。

 道中、虻がポツンポツンと現れ始めたので、「
エイヤッ」とばかりに、うちわを振り回してやっ
つける。コツンコツン当たって気持ちいい。虻ど
んどん増えてくる。コツンコツン。虻、いよいよ
その数を増し、みんなイスラムの人みたいに顔を
バスタオルで覆った.

いちはやく脱衣所にたどり着いた気持ちのはやる
3人組はボク、鞍馬天狗大好きイラストレーター
、Y口Mサル、嫁VS姑超過激漫画「極楽町一丁目」
がこの秋WOWWOWで室井滋主演でTVドラマ化さ
れるN階堂M宏。あとの4人はまだ100m後方に
続く。

 脱衣所の扉をあけて驚いた。ヒッチコックの「
鳥」か最新版のインディージョーンズの蝙蝠か。
 「BOON!」という音と黒丸の集合体、こんな虻
の大群なんて誰もみたことない。

 びっくりした3人なんだけど、とっさに浴衣を
脱いで、全身をチクチク刺されながらピョンピョ
ン飛び跳ねながら露天風呂に飛び込んだ。遠くか
らそれを目撃した後続漫画家たちは「あいつらナ
ニ裸で踊ってるんだ?」

あとで聞いたN階堂のとっさの判断。「湯船に入
れば刺される面積が頭だけに減ると思った」。結
果、3人の顔は虻でいっぱいの真っ黒け。粒あん
のおはぎ3ケ状態。あわててお湯から飛び出して、
ボクなんかパンツもはかないで、浴衣イスラムで
ホテルまで一目散で逃げ帰った。
あー怖かった。

それから2日経ったけどまだ全身に6箇所の傷跡
を治療中。







春風駘蕩フラフラ日記19

|
 「ヒトこまマンガの旅」展で富山県の泊に行きました.

春風駘蕩フラフラ日記18

|
 「ヒトこまマンガの旅」展で富山県の泊に行きました.

春風駘蕩フラフラ日記3

|

某月某日、本日は曇天なり。

 それは突然現れた。
シアトルにゼンマイ屋さんがあって、相当
なコレクション商品を売っているという話
は前にもここを訪れたことのある家人から
聞いてはいたが、フィッシャーマンズワー
フのようなマーケットの奥にそれが出現し
た時は興奮のあまり、緊張してしまった。

 しかもなんと非情にもアメリカ合衆国独
立記念日のため今日だけお休みだった。
 
 もちろん、何も買えなかった。顔をガラ
スに鼻がペっチャンコになるまでくっつけ
てwind up toysの1アイテムづつ、じっとな
め回した。ボクの持っていない物も沢山見
えた。持っているものもいっぱいあった。

というより、海を隔てたシアトルに同好の
士をみつけたことが、すごく嬉しかった。

またこなくちゃならない理由がここにひ
とつできた。

wind up1.jpg








クリプリ*クリプラ

|













  去年夏に品川のcanonでやった「クリプリ* クリプラ展」
、 プリクラ風にボクのアニメーションをバックに 、お客
様に遊んでもらうという展覧会でした。  そこから生まれ
た映像作品がやっとできまし た。 「クリプリ*クリプラ」
5.5分 です。マイム ・パフォーマーはパントマイム・ア
ーティスト ・カンパニーの精鋭、現在文化庁の海外派遣ア
 ーティストとして、フランス滞在中の村山真哉 さんと高桑
三枝さんのご両人。  それにしてもプロは凄い!一回通し
で映像見 てもらっただけで、即呼吸もピッタリの演技が 
始まった。感動!  





イザベラ・プルシンスカさん

|

イザベラ.クリスチーヌ.jpg




 イザベラ・プルシンスカさんはポーランドのアニメーショ
ン作家で、ベルリンのアートの震源地ミッテに仕事場を構え
てがんばっている。クレイの半立体の作品が彼女のスたイル
で、今年のアヌシー、や広島のコンペにも入っている。

 ゆったりとした時間が流れる中に、人生の機微というか、
なぜか老人たちが多く登場する作風は独自のものだ。いい。

イザベラの仕事現場.jpg



 これが撮影風景。ガラス瓶の微妙な反射光などを使って、
光と影の画面を作る。

 彼女にポーランドアニメーションのDVDをもらった。
昔、草月で見た懐かしい、ヤン・レニッツァやミロスラヴ・
キョービッチなんていう人の作品が見られて嬉しかっ
た。

対馬の鳥居

|

対馬の鳥居2.jpg


 
 よく壱岐・対馬とひとまとめに言いますが、行ってみると
壱岐と対馬は月とスッポンくらいに違う。
壱岐はカレーライスが盛りつけられたお皿のような、なだら
かな丘陵地帯、一方の対馬は激しい波間に突如現れる断崖絶
壁の向こうは険しい山々。

韓国の観光定期フェリーが着く港をはじめ、韓国人観光客が
たくさん訪れて写真を撮り落書きを残していく。韓国資本が
巨大リゾートを準備するため島の絶景ポイントを買い漁って
る国境の島でもある。




神々の宿る島でもあって、宮島や日光に負けない素晴らしい
風景がある。
対馬の鳥居.jpg
せっかくの神様の通り道を寸断する、この道路を見てくださ
い。なんと無神経な。








'69サマーオブラブ展の車

|
サマーオブラブ.jpg


 2007年夏、リヴァプール、ロンドン・テートモダンに
次いで、ニューヨークのホイットニー美術館で催された「S
ummer Of Love」展の会場入り口に展示された車です。
あの時代にどっぷり浸かっていたボクには、興奮の展覧会
でした。

 peace!

ジョージ・グリフィン

|
ジョージ・グリフィン.jpg


 ジョージ・グリフィンはニューヨークのインデペンデント
アニメーション作家で、初めて出会ったのは'70年代のオタ
ワ映画祭。ボクの「驚き盤」に触発されて「view master」と
いう作品を作ったばかりで、話かけてきた。すっかり意気投
合して以来、30年の付き合い。ニューヨークで東京で、、。

彼はまたパラパラマンガのコアなコレクターで、そのコレク
ションを中心にドイツのキューレターが古今東西のパラパラ
マンガを集めて「DOMEN KINO」という展覧会をヂュッセル
ドルフ、アントワープ、と続けていて、ボク、久里先生、久
保田茂子さんらも参加」している。

ジョージたちはニューヨークのインデペンデント アニメー
ションを集めたDVDシリーズ「AVOID EYE CONTACT」も
出していて、これがなんでもありで過激でスカッとしていい
感じなのだ。

アンペルマン

|
赤信号.jpg


 東ベルリン時代の交通標識の止まるです。

青信号.jpg

 歩く、です。統一ドイツになって、旧西ベルリンの信号は
わりと普通のプロポーション、でどうにもかわいいこのアン
ペルマン君を残そうということで、今も旧東ベルリン地区に
限ってこのアンペルマン君が活躍。微妙に入り組んだ旧東ベ
ルリン地区がはっきり分かる。それどころか、グッズになっ
て大人気。ボクも傘を買い込んだ。

アンペルマンショップ.jpg

春風駘蕩フラフラ日記2

|
氷河2.jpg



某月某日、本日は晴天なり。


 早夏休みをとって、アラスカにフラフラ
行ってきました。ここまできたついでに
シアトルでイチローと城島のゲームを見て、
(二人とも音無し)
バンクーバからセレブリティクルーズのマ
ーキュリーという7万何千tの船で行ったので
すが、7日間のクルーズなんて、とても耐え
られないと思っていたら、意外にもちました。


氷河を2ケ見ました。食事中に鯨のしっぽが
ザブン!といく、よくCMに出てくるような
風景にも遭遇しました。

氷河は温暖化のせいで,融けるのが早まって
いるようですが、アメリカが独立した頃から
融け始めたというんだから、まあこんなもん
?かなという気がしないでもない。

それにしてもターコイズブルーの氷がきれい
なこと。あー、自然にはかなわねえ、かない
ませんとも。