portfolio: 2009年4月アーカイブ

春風駘蕩フラフラ日記29

|
小品_0001.jpg


某月某日 本日は快晴なり

今すぐそこにある未来を描いてみたくなった。
これは、ラ・マシンの蜘蛛やその前に見た
テオ・ヤンセンの骨動物を見てからだ。
目をつぶると、すぐそこにある未来の景色が
見える。それを小品で描いてみる。

原宿の積雲画廊にて4月29日〜5月11日11:00〜19:00
(最終日17:00まで)の「ヒトコマ漫画の会」展(久里洋
二、二階堂正宏、前川しんすけ、山口マサルほか)

のためにヒトコマ漫画の新作をと始めたら、こんなことに
なった。
あんまりマンガじゃないけど、今描きたいのはこれ。

小品_0003.jpg


ナザレの海にテオ風に海岸を散歩する動物がいたり、
ポルトガルでいっぱい見た風車だったり、

小品0002.jpg


ラ・マシンのクレーンだったり、「フェリーニのローマ」
のように夢だかボケだかなんだか分からないけど、
描いてみたいのだから仕方ない。

小品_0004.jpg


で、最後はこのところよく描く「地球はおっぱい」でした。


春風駘蕩フラフラ日記28

|
タクサンおじさん.jpg


某月某日 本日は晴天なり

東京イラストレーターズ・ソサエティの企画展「イラストレーター170人が描く
『わたしの句読点』(2009, 6.6(土)〜7.5(日)渋谷 たばこと塩の博物館)
のためにひさびさにJTスモーキン'クリーンのキャラクターだったタクサンおじ
さん(スタッフでそう呼んでいた)を描いた。

 当時ディズニーのアニメーターが、TV−CM用にこの絵を動かしたんだが、彼
はどうしてもこのキャラの名前はラルフだと言って譲らなかったのがおかしかっ
た。ラルフ・ネーダーでもラルフ・ローレンでもないけどね。

ごく最近、学生たちと飲み会を終えて、でてきた雑居ビルの玄関にまだこのスタ
ンド灰皿があって、久々のご対面だった。割と最近まで銀座の高級料亭「金田中
」の打ち水をした玄関の両サイドに、綺麗に手入れされたタクサンおじさんが二
つ並んで置かれていた。このキャンペーン時のキャッチが「大人ごころだね」だ
った時代って、今よりはまだすべてに余裕があったんだね。