diary: 2008年8月アーカイブ

春風駘蕩フラフラ日記8

|




はしもと画.jpg


本日も雨かと思ったけど晴天なり。




 これは2005年にボクらで作ったオム
ニバスアニメーション「TOKYO LOOP
」の中の、ボクの短編「はしもと」の1
シーンですが。
http://www.imageforum.co.jp/tokyoloop/

レオス・カラックス、ミシェル・ゴンド
リー、ポン・ジュノの3監督が東京を舞
台にして作った、オムニバス長編「TOK
YO」が面白かった。

 「マリといた夏」のイ.ソンガン監督
らと昨年かな?東京で会う機会があっ
て、その場にポン・ジュノ監督も少しだ
け同席して「これから六本木で(21時頃
)3人の打合せだ。」とあわただしく退
席されたんだが、へー、夜の東京では凄
い事が水面下で進行してるんだな、と思
っていました。

 しばらくして、家人が近所の公園でテ
ニスしていたら、ロケハン中のクルーが
きっちりカラックス監督指揮のもと、あ
の、『ポンヌフの恋人』の男優が来て「
下水道の怪人」の銀座のシーンのリハー
サルが始まった。スタッフに「これって
、『TOKYO』という映画でしょう。」
と訊いたら「なんで知ってるんですか?」
とびっくりしたみたい。まだ公式な製作
発表前だったから、そりゃびっくりする
な。

 3人3様でどれも面白いのですが、
ボクには先述の『下水道の怪人』がいち
ばん凄かった。

春風駘蕩フラフラ日記7

|



 本日は晴天なり。



松井−2.jpg



 オリンピックの騒ぎの中、ひっそりと松井が
帰ってきた。今年のヤンキースは、ここ一番に弱
く、膝に爆弾を抱える松井には、もうチームを見
限って、さっさと手術して来シーズンに賭けて欲
しいとも思うが、for the teamの松井にはこれは無
理な相談だ。残り一ヶ月の今シーズンをベストを
尽くすだろう松井を、せいいっぱい応援する。
 ファンなんてこれしかできないのだから。

野球魂−2.jpg


 松井の絵は何度か心を込めて描いている。
紙フィルム松井.jpg

 紙フィルムシリーズでもアニメーションにしたが、ヤン
キースのロゴが入ってるため使用できない。

バッターくん−2.jpg


 巨人軍時代の松井をバットに見立てて
、「バッターくん」という絵本のモデル
にしたこともある。


 松井も、33才。そろそろどこか西海岸
のお気楽なチームで、ホームランだけ狙
ってのんびりやってもらいたいという気
持ちも無くはない。
 でも、これも松井には無理な相談だ。


 そういうところの松井がまたファンに
はたまらない。カッコイイのだ。

 松井さま、どこまでも付いて行きます。


春風駘蕩フラフラ日記6

|
かに.jpg


本日はド晴天なり

 広島国際アニメーション映画祭を楽しんできた。
今年は原爆記念式典の翌日スタートだったために、
外国からのゲストの多くが式典行事にも参加する
という印象的深い大会になった。

 このカニは原爆ドームすぐ下の川辺にいっぱい
棲む一族の一匹です。生命は素敵です。



厳島神社.jpg


 コンピティション作品も傑作が多かった。その
中で山村浩二さんの「カフカ 田舎医者」がグラ
ンプリ、加藤久仁生さんの「つみきのいえ 」が
ヒロシマ賞、とW受賞に大いに盛り上がった。

 快挙!もちろんこんなことは23年続いていて初
めて。

 ゲストも交えてピクニックで宮島へ。何度も行
ってて大聖寺という真吾密教の寺に初めて訪れた
。砂曼荼羅もあった。大聖寺に向かう山道から見
た厳島神社があまりにも綺麗だったので。


ドリエッセン.jpg


 今大会の国際名誉会長のポール・ドリエッセン
さんと、山村くん率いるアニメーションズの皆さ
んたちと、談笑。実は20年も前にも、フニャフニ
ャ線画の二人ということで東京で対談したこと
があったっけ。その時にホンコン製の玩具のミニ
映写機をお土産にあげたら「もうサイコーのプレ
ゼント!」って喜んだね。

 ボクは前から聴きたかった、「若い頃、ヒトこ
ま漫画に興味あった?」と質問したら、「あった
どころかヒトこま漫画家になりたかった、FARS
IDE のゲリー・ラースンみたいな。ヤツが出て
きたので諦めた」と答えたので、ボクは一気に腑
に落ちた。今回いちばんの収穫。
 

春風駘蕩フラフラ日記5

|


キツネ、ネコ、ピノキオ.jpg


 本日は曇天、晴天なり

 渋谷の駅まで電車できて、どうも今日はまっ
すぐに仕事場に行きたくないな、というかワル
いキツネとネコにピノキオくんが誘惑されて、
街に連れて行かれる日があって、今日がその日
でした。
 (写真は、今コンテ中の新作に登場するキツ
ネ、ネコ。ピノキオです。ネコはデザイン変わ
りそう)
 というわけで久々にCDショップへ。いかん、
だんだん足を運ばなくなった。

 陽水の弾き語り盤を前から欲しかったのです。

 真っ先にそれをカゴに入れてと、なんだアマ
ゾンと変わりゃしない。店内をいちおうクルッ
とめぐってと、「お、ウィリー・ネルソンとウ
ィントン・マルサリスの共演か。ド田舎&ド都
会だな、これは買わねば。」
 暑いし、ボサノバでもと、ジョアン・ジ
ルベルト・フォー・トーキョーも聴こう。

 最後はやっぱり8月9日の公開を楽しみにして
いる映画「ACROSS THE UNIVERSE」のサン
トラ盤だ。ディランの映画「I'm Not There」も
面白かった。ケイト・ブランシェットのディラ
ンが凄かった。今ケイトイノチです。

 「よ!ケイトいいよっ」ていったって聴こえ
やしないけどね。