filmographyの最近のブログ記事

上京物語

|


 '90年代に作った短編アニメーション。ちょうどバブルが崩壊し始めた頃の作品でボクにしては14分と長い。小津監督の「東京物語」をこの時代にと試みた。音楽は本多俊之さん。

印象的なメロディを書いてくださった。笠智衆と東山千栄子ではないんですがこの後ろ向き

のシルエットを見ていると、なんとなくそう見えるから不思議。



tack2.jpg

 


 前から見るとET爺さん



tack2.jpg


「甘い生活」

|

 好きな映画のワンシーンを描くという展覧

会のために描いた。フェリーニの映画は大体

好きです。「甘い生活」を見た20代のころ、

ボクには場違いなパーティに紛れ込んで、び

っくりしたこともあります。'60年代半ばの六

本木にはそういう雰囲気が少しだけあった。




tack19.jpg


「ヘッドスプーン」と「TarZAN」

|

tack2.jpg

'70年代初頭に作った短編で、同じ頃に作った

「NEWYORK TRIP」 と共に、まだまだ'69年

SUMMER OF LOVE のサイケデリック・カル

チャーの影響を引っ張っている。






tack2.jpg

「TarZAN」より。実際にその頃のナイロビ〜

マサイマラ間は、まだあの名画「カサブランカ」

のラストに登場するDC10(ダコタ)が飛んで

いて、これに乗れるのも」一つの楽しみだった。

 もっとも2機あって、翌年再訪したら1機に

なっていて、あれもう1機は?ときいたら、墜

ちたよ。でもその部品でこっちを修理できた。

なんて軽く言われた。

 それにしてもサバンナに沈む夕陽のきれいな

こと。

tack2.jpg

マック・ザ・ムービー

|
 マックがまだダイナマックになったばか りの頃、でたばかりのアニメーションソフ トで実験。CRT画面を35mmムービーカ メラで撮影して、ノイズの比較的少ない画 面をつなぐという超アナログなデジタル作 品。そんな昔からマックと付き合ってるの 未だにコンピュータのこと、不思議な箱と しか思えません。なんで0と1でなんでも できるのだ!

tack2.jpg

本文本文

本文本文

「TarZAN」

|

 これもTarZANの一場面です。'90年渋谷

駅前のスクランブル交差点のイメージですが

、今とたいして変わりませんね。まだバブル

期の都市風景、これが「上京物語」になると、

バブル崩壊時期の都市風景になる。




tack2.jpg

「スリーピー」

|

明日男クンちの2階に住んでいる恐竜のスリー

ピーのお話。いつもグーグー寝てばっかりいる。


tack1.jpg