profileの最近のブログ記事

春風駘蕩フラフラ日記64

|
LAPPY.jpg

某月某日
本日は久々の雨天なり

ひゃー!いつからHP更新してなかったことよ。
さしもの酷暑だか猛暑だかも、昨日あたりから
息絶えたかにみえる、この涼しさよ。この寒さよ。

そうだ、8月初めは広島の国際アニメーションファ
スティバルだったのだ。テル村上さんにすれちが
ったり、ここでしか会わないオットーやゲルベンに
会ったり、なんかバタバタ、というか今年は作品見
るより久里先生の釣りに付合うぞと決めていたので
、釣りの日々が楽しかった。特に釣り初日の最後に
ボクが取り逃がしてしまった体調80cmのスズキは
残念だった。かくして今年の"老人と老人と海"広島
篇は終わった。
 肝心のコンペ作品は毎夜ちゃんと見た。
最終日発表があって、やっぱりピアルン監督の強い
作品ぶりばかりが印象に残った。なんだか「影武者
」を撮影中の黒澤組のドキュメンタリーでも見てい
る錯覚を起こしながら見ていた。

幻のスズキと潜水夫とラストのみっちゃんのお好み
焼きが印象的な今年の広島だった。





春風駘蕩フラフラ日記57

|
ワンツー.jpg

もう20年近くおつきあいしてきた古城十忍
さんがが主宰する劇団一跡二跳が新しく劇団
ワンツーワークスとして生まれ変わった。
初の公演が始まります。
古城さんは元新聞記者の経験を生かして、時の
流れの内に潜む日本の社会のひずみというか、
比較的重いテーマを時にはユーモアを交えて、
時には実験的な趣向をこらした舞台に仕立て
あげて見せてくれる
ボクはフライヤーやポスターの宣伝美術を
ずっと担当してきました。一跡二跳時代の
作品はこれです。



パラサイト.jpg


プロフィール

|
古川タク 略歴

1941年、三重県生まれ。TCJ、久里実験漫画工房を経て70年代よりフリーランスのひとこま漫画家、アニメーション作家、イラストレーター、絵本作家など多種の肩書きを持ちながら、ふにゃふにゃ線画によるマルチアーティストとして今日に至る。
アヌシー国際アニメーション映画祭審査員特別賞、第25回文芸春秋漫画賞、毎日映画コンクール大藤信郎賞、朝日広告賞,文化庁メディア芸術祭優秀賞、紫綬褒章など受賞。近著に古川タク瞬間漫画集「ブルブル」(文源庫)、ユーモア詩の絵本「ぼくの犬は無口です」(伊藤英治 編 岩崎書店)がある。絵本かがやけ詩「かんがえるのっておもしろい」(小池昌代編 あかね書房)など 、アニメーション作品DVDに「タクンフィルムズ」(ANIDO)
東京工芸大学芸術学部客員教授

prof1.jpgfile:///Users/yasu/Desktop/prof1%2017-10-47.jpg

▣ Taku Furukawa 古川タク
Born 1941 in Mie prefecture.

Originally pulled towards manga after graduating from college with a major in Spanish due to his fondness forSteinberg and Tezuka, Furukawa's future was at first tentatively redirected upon seeing the stylish animated TV ads by Ryohei Yanagihara and Makoto Wada, and then firmly determined by his encounter with the mature experimental films shown at the Animation Sannin no Kai. Furukawa had done some part time work for TCJ on TV anime like Tetsujin 28 while studying at college (he says he had fun with the show, even drawing himself into a scene where a crowd is running from Tetsujin), but it was helping out with various independent animators including Kuri Yoji upon graduation that laid the foundation of his own independent approach.

After a few years of apprenticeship, it was while still working at Yoji Kuri's Jikken Kobo studio that Furukawa had the chance to write, direct and animate his very first film, Akatombo (Red dragonfly), which was premièred in 1966 at the third annual Animation Festival. Furukawa has since produced more than 20 short films, animated entirely by himself at his private studio founded in 1970, Takun Manga Box, funded largely by his work as an illustrator. His films have won numerous prizes around the world including the special jury's prize at Annecy. He has also left behind a large body of animated TV ads and shorts for Minna no Uta. This year he was awarded the Purple Ribbon for lifetime achievement by the Prime Minister. A DVD of his complete works until 1995 entitled Takun-Films was issued by Anido in 1998.




prof2.jpg
本文本文本文